活動報告

2014/04/10 第66回経営戦略研究会内容

第66回経営戦略研究会内容

第66回経営戦略研究会

2014年4月10日(木) 14時~17時 大津商工会議所

14:00~
あいさつ・報告(田中先生)
得意業の活かし方
ビジネスにつなげていく … 各自じっくり考えること。

14:10~
卓話(第2回) 『たかが日記!されど日記!』(2)
STAP細胞 小保方さん
「実験ノート」の積み重ねが研究の成果になる。
       
経営者は『日記』を書く→手書き
日記はもう一人の自分を対峙して書ける。→ 客観的に見られる
・失敗    ◎良かった事
・問題を書く。◎出来た事
・課題    ◎出来た人
PDCA PとDが出来ればCとAは自然と流れる
80%:20%  20%を未来の為に使う。
10時間のうち2時間
2時間のうち45分 → 日記にあてる。
時間割 → 理性 > 感情 集中力が高める
Serendipity:偶然のひらめきから幸運をつかみとる能力
人生最大のコストパフォーマンスあるツール ⇒ 『日記』

14:40~
発表① Yさん
テーマ:経営構造の転換を如何に図るか
アドバイス
「プロデュースしていく上ではお寺にプラスしていく(利益にしていく)提案する戦略を組む
「マーケティングをした方がよい(マーケティングが見えない)」
「ハレドケ  神社の使命を全うするには?氏子の幸せを実現できるのなら」
「マーケットはある 寺院コンサルティングは沢山あるやり方ではないでしょうか?」
「見えないものにお金をかける人が多いのなら大事に育てていく教育をコンサルタントしてみては?」
「神社庁との関係」「ニーズがない。寺より神社。檀家さんのコンサルティング」

15:55~  
発表② Tさん
テーマ:中長期的な戦略構築の視点
アドバイス
「お直ししてほしいリメイク事業はありえる」
「卸業より直接ユーザーに売りたい。一人では無理ではないですか?」
「おもしろい戦略(商品) デザイナーより企画屋なので商売より業界を賑わせたい」
「会社の制服を作ってくれるところはないのか?オーダーで作れるのか?オフィス」
「和の素材で発信」
「10万円でこのターゲットはおもしろい」
「人脈を活かす体制づくりが重要」
「ポテンシャルを如何に活かすか」
「思いを如何に伝えるか」
「課題はいっぱいあるが、楽しみな課題である」 

次回の例会は5月8日(木)14:00~17:00

一覧に戻る

TOPへ戻る