活動報告

2016/07/11 第92回百年企業研究会内容

第92回百年企業研究会内容

百年企業研究会、第92回例会の報告です。
日 時:2016年6月9日(木) 14:00~17:00
場 所:コラボしが21 3F ミーティングルーム2

今回は「IT」に焦点を当て、ITに関する理解を深めました。

会員の中でITを生業とする3名とファシリテーター役1名の合計4名で、それぞれの得意分野について解説を行っていただきました。

まず、コンピューターがどのように私達の仕事や生活に関わり、発展してきたのか、歴史を紐解いていきました。
ネットワーク環境がないころのお話から、パソコン通信がはじまり、インターネットへと発展し、またWindowsが誕生してどんどん進化を遂げていって現在に至るまでの話をわかりやすく解説いただきました。

その後、現在よく使われている「クラウド」とは何なのかを解説いただき、その便利さと危険性について学びました。
現在の多くのサービスはクラウドによって動いており、危険性はあるものの、それを理解した上でうまく付き合っていくことが重要である、ということでした。

また、業務システムなどを作成しているNさん・Hさんへは、業務システムとはどのようなものなのか?それを導入する必要性はどのように考えればよいのか?といった質問がされました。

参加者からは、ITの今後について、不安と期待の両方の意見がありました。
AIの進化の結果、数年後には多くの職業がAIによって取って代わられるというお話もあり、危機感もありますが、ITをどのように活用してうまく付き合っていくか?という点が重要である、というお話でした。

一覧に戻る

TOPへ戻る