活動報告

2016/09/23 第93回百年企業研究会内容

第93回百年企業研究会内容

百年企業研究会、第93回例会の報告です。
日 時:2016年7月14日(木) 14:00~17:00
場 所:コラボしが21 3F ミーティングルーム

今回はIT関連の事業を行っておられるお二人が、自社の現状について発表をされました。

まずはHさん。長野県でシステム開発の会社を経営されており、事業内容としては業務システムの構築やパッケーの作成・販売などを行っておられます。
システムインテグレータとして、「お客様の業績に貢献するサービスの提供」を目指されています。
売上は順調に伸びていますが、利益が伴わないという悩みがあり、その改善が議題となりました。
参加者からの意見としては、一人あたりの生産性の向上や、戦略の立案を行うこと、ストック型ビジネスへの転換などが上がりました。

次に、Nさん。IoT関連の開発や、ビッグデータの解析などの技術を持っておられます。
ただ、できることが多いため、その中で何をしていくべきか?迷いがあるということでした。
参加者からの意見としては、既に請負の開発案件を多数請けており、収入の基盤があるため、本気で「創業」している感じがしない、という辛口な意見が上がりました。
また、いろんなことに手を出すのではなく、力を一点に集中したほうがよい、という意見や、数年先の需要を見てアイデアを考えてみては、というアドバイスも出ました。

参加者の皆さんは、ITに関する理解を深めるとともに、経営について真剣に考える貴重な機会となりました。

一覧に戻る

TOPへ戻る