活動報告

 第87回百年企業研究会内容

第87回 百年企業研究会 例会の報告です。
日 時:2016年1月14日(木) 12:00~16:00
場 所:ザ・リッツ・カールトン京都

2016年1月例会は新年会を兼ね、ザ・リッツ・カールトン京都で開催されました。
新年会は、ランチタイムに行い、盛り上がりました。
毎年1月は、メンバーがそれぞれ短冊に所信を書いて発表し、それに対して他のメンバーが質問やアドバイスをし、今年の第一歩を踏み出します。
以下が各メンバーの所信表明です。

■ Fさん:「根拠づくり」
昨年は幹ができてきた。
今年は、より深く掘り下げて技術レベル・知識レベルを上げて、根拠を積み上げていきたい。

■ Sさん:「計画する」
昨年は「発信する」だった。仕事においても人生においてもゴールが決まらず迷走しているので、どうしていくかを計画する年にしたい。

■ Tさん:「完成さす」
新商品を完成していく。商売・ビジネスの仕組みづくりは苦手。ものを完成させ、ものが人を連れて来てくれて、ものを動かしていく、という流れをつくることを目指している。

■ Kさん:「貫徹」
昨年は「突破」だった。クラウドファウンディングへの挑戦し、ブランドブックを作成した。
今年はそのブランドブックを使って、広く知ってもらえるようにしていきたい。

■ TMさん:「至誠・姿勢」
自分に対しても他人に対しても「誠」をつくしていきたい。まっさらな気持ちで。
立った時の姿勢が生きる姿勢につながっている。姿勢をよくしていく(ジョギングを続けたい)

■ TY(S)さん:「使命を果たす」
昨年は「闘う」だった。今年は就業規則を変更したり、人に目を向ける。
残業をなくすように環境整備を目指す。 ミッションを分けて、商売は社員に任せて、社員のやる気を高める環境整備をメインの仕事として取り組む。一つ一つを確実にやり遂げていく。

■ Kさん:「明鏡止水」
心を動じないように。動揺しないように。知力→精神力→人格を高める。
もう少し大きな人になりたい。

■ TT(M)さん:「共生・共育」
昨年は「原理に則る」だった。今年は「共生・共育」。一人でやっていくには限界がある。職人をベースとしつつ、人・天候ともうまくやっていかないといけない。社員と一緒に成長していく。

■ TT(T)さん:「踏み行く前の足固め」
昨年は「新たな挑戦」だったが、実は社内がガタガタだった…。共に育つという部分ができていなかった。
職人経営者としてやってきたが、経営の木が貧弱になってきていた。土台を固めていきたい。

■ Nさん:「美肌」
肌には生活態度や生活習慣が出る。美肌になるためには、睡眠時間が必要。そのためには、効率よく仕事を終わらせて時間を作る必要がある。仕事のやり方を根本から見直す。土台を固める。

■ TY(C)さん:「奇跡が起こる」
昨年は「奇跡を起こす」だったが、起こす準備はほぼ整った。今年は起こりそうだ。今年に入って、その予兆があった。

一覧に戻る

TOPへ戻る