活動報告

 第114回百年企業研究会内容

百年企業研究会、第114回例会の報告です。
日 時:2018年4月12日(木) 14:00~17:00
場 所:ピアザ淡海 会議室

今回は、田中先生より会の年間テーマの発表がありました。
今年のテーマは「戦略的放棄」。
戦略的放棄とは、一番やりたいことをやり、それ以外のことをできるだけなくしていく・集中していく、ということです。
目先の利益を優先するか、それとも自分の未来を優先するか。
未来を優先するためには、以前より提唱されている「2時間ルール」の徹底、トレードオフの意思決定を行うように、とのことでした。

「戦略的放棄」という言葉の解釈が難しく、また強い言葉であるため、会員からは戸惑いの声もありましたが、各自の解釈に任せるということで落着しました。

その後は各自の近況報告を行い、それに対して意見を交換しました。
研修旅行の報告をされた方や、社内でのランチミーティングの結果を報告された方、思っていることを言葉にするという取り組みについてお話された方など、各自それぞれ新たな動きをされていました。
みなさんの近況を聞くことができ、刺激になった会となりました。

一覧に戻る

TOPへ戻る